1. HOME
  2. ブログ
  3. 5つの出口戦略

5つの出口戦略

5つの出口戦略

会社を起業すると間違いなく、その会社には出口が待ち受けている。
起業して鼻息荒くビジネスをしていても必ず、その会社を将来どのようにしたいか考えなければならない。

5つの出口戦略

1、IPO 株式上場
すなわち公のものにする

2、M&A
事業売却

3、事業承継
家族、親族などに会社を継承

4、清算
その名の通り、清算して会社をたたむ

5、廃業 
→これはなりたくて廃業する事はないので実際は4つ出口

起業した会社は、最後この5つの出口しかない、と言われてる。

さて、どこを出口として進んでいくか。
とにかく前に進んで成長させる、会社を大きくするというのは構わないが、大きくしてどうしたいのか?どのような人生・社会を歩んでいきたいのか?

例えば3、息子に事業継承を考えているのであれば、幹部の育成が重要。
また創業社長とその息子の世代差がある事を考えれば幹部との年齢差、採用、育成の際に考えていくことなどが必要。

2、M&Aを考えているのならば、事業売却しても安定して運営できるオペレーション、持続成長可能な事業の種まき、わかりやすい社内スキームなど念頭に会社を作っていく。

起業して自分が社長であれば定年もなく、いつまでも仕事は出来るからあんまり真剣に考え社長がほとんどというのが現実。
しかし出口(将来)から逆算して今の行動を決めていくことは経営者にとっては大切な視点・思考だと考える。

関連記事

過去ログ

カテゴリー