1. HOME
  2. ブログ
  3. 飲食店の生存率

飲食店の生存率

NZのケースとは数字に違いがあるのが前提だが、日本では企業全体の生存率は1年後73%、5年後42%、10年後26%。しかし小規模店舗を含めるとこの数字はさらに下がるだろう。

感覚的には10年後の生存率は10%切ると思う。

障壁が低い分、撤退の数も多い。「こだわり」や「希少価値」などを売りに出店しても90%のお店が10年もたないのが現実。

安く、美味しく、立地が良くて、内装が素晴らしくても90%は退場。

なぜだろうか?

この会社は創業18年、なぜ存続、成長できたのか?

この思考がとても大切。

みんなが夢見たお店を構えてもその存続ができない現実。

これから独立・起業を目指している人にはとても大事なテーマ。

 

 

関連記事

過去ログ

カテゴリー